薄毛の原因

昔、「薄毛の原因は?」と聞かれれば、「加齢だろう」というのが一般的な見方でした。なぜなら、その頃なやんでいたのは青春期を過ぎ、いよいよ人生の安定期を迎え始めたお父さんたちだったからです。
年齢を重ねると、人はいろいろなものが身体から失われていくのを感じるでしょう。心が豊かになるのに反して、体力はだんだん減っていくし、みずみずしさは失われていくし、冒険心もなくなっていくでしょう。
そして、髪の毛もそのボリュームを減らしていくのです。
それは仕方のないことである、という見方が一般的でした。だって、それが年をとるということなんだから、と。

しかし、最近では必ずしもそうとは言えなくなってきています。若い男性、若い女性が薄毛治療を試みる機会が増えているからです。
薄毛治療を提供しているクリニックなどでも、若年男性向け、女性向けといったコースを用意し、彼ら、彼女らが再び豊かでつややかな髪を取り戻す時を迎えるお手伝いをしているのです。

ところで、このように最近では若年層まで悩み始めた薄毛の原因とは、どこにあるのでしょう。ひと昔前のように、「加齢だろう」という簡単な答えでは、もはや通用しなくなっている今、どういう答えを私たちは用意することが出来るのでしょうか。

昔から言われていた「加齢」は確かに原因ですが、そのひとつに過ぎないことが分かっています。最近の研究結果では、そのほかにもさまざまな事柄が要因となっていることが明らかになっています。
例えば、最も代表的なものが、人々の「生活習慣」です。忙しくなった現代社会の中で、ゆとりのある生活よりも、どっちかといえばセカセカした生活の仕方が主流になっている今、生活習慣がもたらす身体のもろもろの不調は、避けられないものとなっています。
薄毛治療のクリニックでよく言われるのは、睡眠不足やストレスのような原因です。忙しくてなかなか寝る時間を取ることが出来ない人、ストレスを溜め込んでしまう生活が、薄毛を招くというのです。
その他にも、喫煙や、ダイエットのし過ぎが原因であると言われることもあります。身体に妙な負担をかけてしまうと、頭の方にその影響が出てしまうというわけなのです。

これなら、今や老若男女あらゆる世代が薄毛に悩んでいるという状況もうなずけるでしょう。
薄毛治療の第一歩は、「生活習慣を見直す」ということになりそうです。

PAGE TOP