メソセラピー

病院での施術、特に美容系の施術として有名なもののひとつに、「メソセラピー」というものがあります。
これは、身体の一部に薬品を注射して、その部分だけに働きかけるという方法です。一部分だけを美しくしたいとか、余計なものを取り除きたいと考えている人が、そこに効果のある薬を注射して、思うとおりに治療するという方法なのです。

薄毛治療の世界には、男性用、女性用と分かれてはいますが、飲むことで毛根や毛髪や頭皮に良い効果をもたらす薬があります。
同時に、特に頭皮に対して効果を上げる薬を注射することも出来るのです。その薬を使って、薄毛治療のメソセラピーは行われます。
具体的には、注射される薬にはタンパク質などが含まれており、頭皮の働きを充実させることが目的となります。タンパク質を注入された頭皮は髪の毛をたくさん発生させることになり、薄毛の解消に役立つのです。

メソセラピーは、飲み薬による治療と併用して行われるというのが一般的です。毛根に働きかけること、毛髪自体に働きかけること、そしてすべてのもとにある頭皮に働きかけること。
その3つの部分にそれぞれまんべんなく治療を行うことこそ、薄毛治療の基本となるからです。
普通は、何度かに分けて注射によるメソセラピーを行い、頭皮環境をととのえ、髪の毛を作る環境を作り上げ、飲み薬による「補強」を行うという流れで治療が行われます。

よく薄毛治療のクリニックで言われることには、「飲み薬は気長に治す方法、メソセラピーは短時間で治す方法」という比較があります。
メソセラピーは、何度かの注射によって髪の毛が出来る環境を作り上げることができるので、あとは飲み薬で後押ししてやることで、薄毛に悩む前のフサフサヘアーを取り戻すことが出来るようになります。
どうしても速く、出来るだけ速くフサフサでツヤツヤな髪の毛を取り戻したいと思えば、メソセラピーがオススメというわけです。

PAGE TOP