薄毛の薬

AGAという言葉があります。「アガ」と読みたいところですが、ストレートに「エージーエー」と読んでください。
これは、「男性型脱毛症」を表す英略語で、最近の老いも若きも巻き込む男性たちの薄毛を表現しています。
年齢を重ねた男性ならともかく、そうでない男性たちが薄毛に悩んでいるという状況は異常である。そこから出発したAGAの研究は、やがてAGAに効く薬を発明するに至りました。

「薄毛治療の薬」として登場以来脚光を浴びているこれらの薬は(何種類か出ています)、男性ホルモンに働きかけたり、頭皮に働きかけたりといった効果を持っています。
言うまでもなく、男性ホルモンとは年齢を重ねた男性から髪の毛を奪っていく原因のひとつです。もちろん無駄なものではないのですが、薄毛治療薬は男性ホルモンが髪の毛を持って行こうとする働きだけを抑える役割を持っています。
あるいは、頭皮に働きかけて、髪の毛を新たにたくさん作り出すように促す働きのある薬があります。
これらの薬の中には、処方箋なしで購入できるようなものもありますが、やはり安全に、そして確実に髪を生やしたいのであれば薄毛治療の専門のクリニックで処方してもらうのが一番でしょう。

ところで、ここまではAGA、つまり男性の薄毛に関する話でしたが、今や薄毛は男性だけが独占できる問題ではありません。女性たちもまた、薄毛に悩んでいるという現状があります。
そんな中、もちろん女性に合う薬も出るようになっています。
女性は男性とは違って、ホルモンによって薄毛になるということはありませんが、頭皮環境を改善したり、あるいはヘアケア用品による刺激から頭皮を守り、髪を守る薬を使わなければなりません。
実際、女性用として出ている薄毛治療薬の多くがそういう働きをする薬として出ています。

PAGE TOP